ヨーロッパで“母の薬草”と呼ばれれる「カモミール」

小さなリンゴを意味する学名。

学名の chamomilla(カモミール)は、小さなリンゴを意味します。

茎は細長くて柔らかく、春から夏にかけて白い花を咲かせ、リンゴのような甘い香りを漂わせます。

ヨーロッパで「母の薬草」と呼ばれれ、心身をリラックスさせるハーブの代表で、消炎、鎮静、殺菌、抗アレルギー作用などその効果は幅広いことで知られています。

カモミールには多くの種類があり、ジャーマンカモミールとローマンカモミールの種類だけが薬用として使用され、それぞれ香りは異なりますが、性質は似ています。
ただ、ローマンカモミールはティにすると若干苦味があるため、ハーブティには主にジャーマンカモミールが使用されます。

リラックス公開に優れ、安眠や疲労回復にも

心身をリラックスさせるハーブの代表で、作用が穏やかなので子供からお年寄りまで幅広く楽しめます。リラックス効果に優れ、就寝前に飲む習慣をつければ安眠にもつながり、疲労回復やストレス回復にいいハーブです。

また、カモミールの主成分は、ビサボロールで、潤いを与えお肌に透明感を導く優れた成分といわれています。

香寺ハーブ・ガーデンは、国内最大級のジャーマン・カモミールの有機栽培地を有し、全て手摘みで収穫。できるだけ早く精製し、鮮度を第一に自然の恵みを授かっています。

《注意》
妊娠中の人やキク科アレルギーの人は使用を避けてください。